【未経験からのエンジニア転職 3ステップ】STEP2.エージェント登録

STEP1の記事では、「ポートフォリオの作成」についてお話しました。

今回は、その次のステップである「転職エージェントへの登録・応募」について解説していきます!

転職エージェントと一口に言っても、最大手から特定の業種に特化したものまでたくさんあり、選ぶのも一苦労です。

そこでこの記事では、「僕が未経験からエンジニアへ転職した際に最も役に立ったエージェント」を1つだけ紹介します。

※多数のサイトに登録するのは意外と大変だったりするので、まず一番に使って欲しいものだけを紹介する事にしました。

転職を成功させ、稼げるWebエンジニアになるための経験を最速で積む」というのが目標であれば、今回紹介するエージェントに登録しておけば事足りると思いますよ!

登録すべきエージェント

個人的にはワークポート一択

転職エージェント・ワークポート

未経験からエンジニアへキャリアチェンジするなら、とにかくオススメしたいのがこのエージェントです。

現在社会人3年目にしてすでに2回転職を経験しており、合計で10社くらいはエージェントに登録したと思いますが、やっぱりここが一番しっくりきます。

※2度の転職はどちらも、最終的にワークポートで決まりました

「ITに特化したエージェントで、コンシェルジュ制度があり、、」みたいな細かい話はHPに載っているので割愛して笑、実際に利用した時の体験談を話しますね。

メリット1. 「本当の募集条件」を把握できた

個人的にものすごく良かったポイントは、「求人票を見ただけだと分からない、(本当の)募集条件を把握した上でエントリーができた」という点です。

エンジニアの求人でよくある「Rubyの経験が3年以上」みたいな、当時現場未経験の僕では明らかに応募できないように見える案件でも、実は書類/面接を通過できる可能性が普通にあるんですよね。

実際、僕がエンジニアとしてキャリアチェンジした時も、募集要項の必須欄には「Ruby実務2年以上、linuxサーバの構築経験あり…」とか書いてありましたから。笑

ワークポートは1人の求職者に対して必ず専属のコンシェルジュという担当者がついていることもあって、「未経験では無謀に見える募集でも実は採用される可能性がある」という点をしっかり伝えてくれたのが非常にありがたかったです。

自分だけで判断したら、「ここはさすがにエントリーできないな…」とすぐに諦めてしまっていたはずですし、そのせいで経験値を効率よく積める今の企業に入れていなかったら。。と思うとゾッとしますね笑

メリット2. 担当者とのコミュニケーションが取りやすい

「しっかり開発できますよ〜」と求人票ではうたっておいて、実際は保守やテストしかできずにロクなスキルが身につかないというのは、エンジニアへのキャリアチェンジにあたってよくある失敗パターンです。

そして多くの場合、「エージェント担当者を通じた情報収集がきちんとできていない」というのがその失敗の原因なんですよね。

「就業した後、本当に開発(プログラミング)の仕事ができるか?」という条件を事前にしっかりとエージェントに伝えて、スクリーニングをかけてもらえば、希望に沿わない会社に応募してしまう無駄も省けます。

その点、コンシェルジュ(担当者)とコミュニケーションが取りやすいワークポートの場合は、そういう類のミスマッチが起こりにくかった印象です。

通常のメールに加えてLINE風のレイアウトでチャット形式のやり取りができ、面接予定日の調整や仕事内容についての確認もスムーズに進みました。

エンジニア転職で狙い目のベンチャー企業の場合は採用フローのスピードも速いので、担当者とのコミュニケーションが遅くなると他の応募者に先を越されかねません。

そういう意味でも、「ワークポートはIT業界に強い」というのは割と納得できますね。

応募企業のポイント

では実際にどのような企業の条件をコンシェルジュに伝えればいいのか。

この点については以下の記事で詳細を解説しているので、是非読んでみてください!

最後に

エンジニア転職の必勝STEPその2として、僕が最もオススメするエージェント(ワークポート)だけを紹介しました。

最初に登録するのはここだけで良い気もしています。

いくつもサイト登録するのって面倒なんですよね..w ←

実は僕の周囲で結構ワークポートが広まっていて、つい先日も「プログラミング未経験から高単価のフリーエンジニアになりたい!」と話していた友人にこのエージェントを紹介しました。

その友人も「エンジニアとしての実務経験はゼロ。前職がITとは無縁のアパレル系」という感じだったのですが、自社サービス開発でバリバリ経験を積める企業へ約1ヶ月で転職が決まったようです。

テストしかできないような企業に入ってしまうと結構悲惨なので、それを聞いて僕自身もホッとしました。笑

エージェント登録と応募が済んだら、次はいよいよ面接です!

ここをサクッと乗り越えて、稼げるエンジニアの第一歩を華麗に踏み出していきましょうb