学歴とプログラミングに関係はある?【東大卒エンジニアが解説】

未経験エンジニアの方と話していると、学歴とプログラミングの関係性が話題になる事があります。

「エンジニアに転職したいけど、学歴とか見られるのかな?」
「やっぱり学歴が高い人の方がプログラミングの習得も早いの?」

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

※僕が東大を出ていることもあり、このテーマについてはそれなりに説得力が出せると思い記事を書いてみようと思いました。

で、先に結論から言ってしまうと、「プログラミングと学歴の間に関係はあるが、もっと重要な事が他にある」というものです。

この事について、「就職・転職」と「プログラミング習得」の2つの観点から解説していきます。

就職・転職と学歴

まずは「就職・転職」の観点からです。

学歴は錯覚資産として多少の効果あり

自分の場合は、「東大を出て社会人約2年→エンジニアに転職」という流れだったので、「高い学歴を持った状態での転職活動」と言えると思いますが、実際の活動中に感じた事として、

人は、高学歴というだけで相手のことを過大評価しがち

というのがあります。

最近話題になっている、「錯覚資産」というやつですね。

これは希望企業から内定をもらった後に聞いた話ですが、一次面接を担当してくれたエンジニアがこんな事を言っていました。

面接担当
Yama君は何となく素質ありそうだと思ったんだよね〜。
良い大学出てるし。

はい、まさに錯覚資産が入り込んでますね。

本来、「学歴」と「エンジニアとしての活躍度」の間には明確な相関関係があるわけではありません。

ですが、面接担当者からすると「良い大学を出てる → まあそれなりにやってくれるだろう」という安心感に繋がっているのも事実でして、その意味では

未経験転職での学歴は、錯覚資産として多少の効果がある

と言えるのではないでしょうか。

とはいえ、学歴なんてなくても未経験から転職は十分可能

この錯覚資産が採用に対してプラスに働いた事は確かだと思いますが、「採用の決め手」はあくまでも

  • ポートフォリオを準備するなど、自走力があると判断できた事
  • 企業文化とのマッチング(面接での回答)

だったとのこと(面接担当の話)。

僕の周りで未経験からWeb系エンジニアに転職した方の多くは、特に高い学歴を持っていたわけではありません。

ですが、ポートフォリオの準備や面接対策に関してはしっかりと取り組んでいて、そういった点が評価された結果、内定を勝ち取っています。

要は、未経験転職における学歴はあくまでも1つのプラス要素にすぎず、他にもっと重要な要素(ポートフォリオなど)がある、という事なんですね。

プログラミング習得と学歴

続いて、「プログラミング習得の深さ・スピード」と「学歴」の関係性について考えてみます。

両者の相関は高い

これについては、正直かなりの相関があると感じます。

高学歴の人の1つの特徴として「継続化・習慣化が得意」というのがあると思っていて、これがあるとプログラミング習得は圧倒的に加速します。

彼らは主に大学受験の時にこの能力?を養っている事が多く、プログラミングの学習にも同様の(過去に上手くいった)方法論を適用する事ができるんですね。

なので、「単純に量をこなせる」→「スキルが伸びる」→「やれる事が増えて量をもっとこなせる」という良いスパイラルに入りやすいです。

僕自身、エンジニアに転職して間もない頃は

  • アプリケーションの自作・デプロイ
  • 実務で触れた技術やコードについて体系的に理解し直す

といった自学自習を、終業後や土日の時間でやっていました。

普段あまり勉強しないエンジニアも結構多いので、一気に抜き去ってやろうという思いで当時は結構頑張ってましたね(今もですけど)。

結果、同じ未経験からエンジニアに転職した同期の人とは、1年間で相当な実力差がついたなぁと感じます。

少なくとも僕の観測範囲では、高学歴の人ほどこのような継続が得意で、エンジニアとしての成長スピードも早い傾向があります。

プログラミングの実力自体に、学歴は関係ない

もちろん、学歴関係なく努力を継続できる人は間違いなく伸びます。

むしろ、「プログラミングの実力」という点で言えば学歴なんて入り込む余地が無い要素ですから、よりフラットな勝負になりますよね。

プログラミングの習得スピードは結局のところ「自分で手を動かしてコーディングした量」で決まるので、学歴がある方もそうでない方もアウトプット中心に勉強を続けるというのが最適解だと思います。

(元も子もない結論ですみません。笑)

IT業界に学閥は無い。安心して飛び込もう。

今回は「学歴」と「プログラミング」の関係について解説しました。

まとめると、

  • 未経験転職での学歴は、錯覚資産として多少の効果がある
  • 学歴とプログラミング習得スピードには高い相関がある

というのが僕の見解です。

と、ここまで書いておいてこんなこと言うのもアレなんですが、IT業界に転職したいのであれば、学歴なんて一切気にしなくていいです

なぜなら、IT業界に学閥は存在しないから。

僕が新卒で入った金融機関には、バリバリに学閥がありました。

東大卒の内定者だけが参加する、部長/役員クラスとのディナー会 なんていうのもありましたね笑。

それと比べると、IT業界って本当にフラットで良いなぁと感じます。

前述したように、転職の際に多少学歴が見られることもありますが、入社後に大学名を気にする人なんてほとんどいません。

そんな事よりも、スキルや経験を積んだり、事業を伸ばすことにエネルギーを使っている人が多い印象が強いです。

なので、IT業界、特にWebエンジニアに興味のある方は是非一度飛び込んでみる事をオススメしますし、僕はそういう方を全力で応援してます。

Web系エンジニアってどうやったらなれるの?みたいな話は↓こちらの記事などでまとめていますので、是非ご一読くださいね。

それではまた!