Webエンジニアとして最低限必要な英語力について考える

「Webエンジニアになったけど、やっぱり英語はできた方が良いの?」

というのは、駆け出しエンジニアの方からよく聞かれる質問の一つです。

この「エンジニアとしての英語との付き合い方」について、僕なりの考えを書いてみたいと思います。
何かのヒントになれば嬉しいです。

※ちなみに僕は「ある程度英語で読み書きできるがスラスラとは喋れない」というレベルの英語力ですので、そちらを踏まえて読んでいたければと。

エンジニアに最低限必要な英語力は、「読む力」

結論から言うと、全てのWebエンジニアが持っておくべき英語力は「読む力」です。

エラー文を読めるようになる重要性

プログラミングでエラーが発生した時、最も重要な解決の手がかりになるのは目の前に表示されている英語のエラー文です。

当たり前のように聞こえるんですが、このエラー文をちゃんと読めてない初心者の方が結構います。

エラー文が読めない(英語の解釈を間違える)
→ ポイントのズレたググり方をしてしまう
→ 解決に時間がかかり、開発の効率が上がらない
みたいなことになっちゃうんですね。

逆に言えば、

エラー文が正確に読める
→ 的確なワードでググれる
→ 解決方法が載っているサイトにすぐ辿り着ける

という事で、最初のヒントであるエラー文の英語をいかにきちんと読めるかが大きなポイントになります。

そして、英語を「読む力」さえあればこの壁は突破できるんですね。

英語を読めれば、アクセスできる情報量は劇的に増える

そもそも、「Webエンジニアは英語ができた方がいい!」という意見が出てくる背景の一つに
技術の最新情報やプログラミング関連のドキュメントがほとんど英語で書かれている」という事実があります。

日本語で書かれた良質な記事もQiitaなどのサイトで見つける事ができますが、「英語の情報源を読めるエンジニア」と「日本語しか読めないエンジニア」では得られる情報量に数百倍の差が出ます

この差はエンジニアとしての生産性に直結するので、とても重要です。

例えば、開発中に原因不明のバグに遭遇した際、日本語の記事だけに頼るとどうしても解決方法に辿り着けないことが多々あるんですね。
僕の場合、最初は日本語の記事も見るんですが、ググりまくって最終的に答えを見つけるのは英語のページ(公式ドキュメント/GithubのIssueなど)というパターンの方が多いです。

また、新しい言語やライブラリなどに触れる際、ドキュメントページを見つつ開発を進めていくのは必須だと思うのですが、
この「ドキュメント」は十中八九がオール英語です。
中には日本語版ドキュメントが存在する場合もありますが、やはり英語の原文の方が内容が正確だと感じます。

英語でのリアルタイムなコミュニケーションが必須な開発現場は少ない

確かに、「社内/協力会社に海外のエンジニアが多く、普段のコミュニケーションもバリバリ英語」
みたいな現場もあることにはありますが、全体から見るとまだまだ少数だと思います。

そのような開発現場で活躍するには「読む」だけでなく、「話す」「聞く」のリアルタイムなコミュニケーションスキルが求められますが、まだ参画が決まってない段階では最低限のベーシックな力(=読む力)さえあれば良いというのが僕の考えです。

※いち早く英語を習得したかったら、そのような現場に敢えて参画して「強制的に英語を使わざるをえない状況」に自分を放り投げてしまうというのも手だと思います。w

英語を「読む力」の合格ライン

「読む力が最低限必要!」という話をしてきましたが、どのくらいのレベルができれば「読む力がある」と言えるのでしょうか。

個人的には、「いくつかのライブラリの英語ドキュメントを読んで、詰まる事なく自分のやりたい実装が実現できる」というのが1つのラインだと思っています。

逆に、「開発中に英語のドキュメントに出くわすと、単語調べたり文法が分からなかったりですごく時間が取られてます!」という方は上記のラインに達しておらず、開発効率も上がっていきません。

それは非常に勿体ない話なので、エンジニアとして最低限の「読む力」を身につけていくことをオススメします!

英語を「読む力」のトレーニング

では、「読む力」をどのように上げていけば良いのか?

これについては「Webエンジニア」というより「英語学習法」という別トピックに重なってしまうので、機会があれば別途詳しくお伝えできればと思うのですが笑、普段のエンジニア業務で意識すると良い事を1つだけ。

※一応TOEICで940/990くらい取れてるので、基本的な「読む力」はあるはず、、

領域を「プログラミング」に絞って英文を浴びる

それは、「プログラミング関連の検索をしたら、検索結果のうちで英語のページを優先して開いてみる」というものです。

言語のドキュメントでも、新しい技術についての記事でもOK。

慣れてきたら、検索エンジンの言語設定を「日本語→英語」に変えてみてください。

結局、英語のドキュメントを読めるようになるためには「プログラミング関連の英文」をたくさん浴びるのが一番早いと思います。

ポイントは、領域を「プログラミング」に絞る事。

同じような表現や言い回しが登場する確率が高くなり、「あ、この単語は別の言語のドキュメントでも見たな…」という場面が増えてきて、いつの間にか単語や文法自体を検索するというロスが減っていくはずです。

是非一度試して見くださいね。