Webエンジニアへの転職でオススメしたい転職サイト・エージェントTOP3

「未経験だけど、エンジニアに転職したいなぁ」
「転職サイトやエージェントがたくさんあるけど、どれを選べばいいんだろう」

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を書いている僕は、

  • 完全未経験からWebエンジニアへ転職 → がっつり手を動かす開発に携わる事に成功
  • 転職先の会社にて、未経験エンジニア採用の裏側を知る
  • 転職回数3回

という経験があるため、特にエンジニアの転職については有益なアドバイスができるのではと思います。

それでは早速本編に行ってみましょう。

Webエンジニアへの転職で使用した転職サイト・エージェント

実を言うと、「各サイトで紹介される案件」自体にそれほど差はありません。

僕自身がエンジニア採用をする側の企業で働いたから分かる事なのですが、多くの場合、企業が求人を出す先は1つではなく「複数の大手サイトへ同時に出稿」というパターンが多いです。

なので、結論としては「大手の中からいくつか登録する」でまずはOKです。

とはいえ、各エージェントで

  • ヒアリングの精度
  • 職務経歴書/履歴書の書き方に関するアドバイス
  • 面接対策

といった点に差分があるので、実際に使用した中で「これは転職成功につながった!」と言えるサイトを3つご紹介します。

↓それがこちらです。

それぞれについて、「使ってみて良かった点」と「上手な活用法」をお伝えします。

ワークポート

僕が実際にエンジニア転職を決めたのがこのエージェントで、転職を検討している友人にも一番に勧めています。

所感としては、

  • 「コンシェルジュ」という担当者が、こちらの希望を最大限汲み取ってくれる
  • 希望すれば面接練習の相手もしてくれる
  • 結果、未経験からの転職でもがっつり開発できる企業に入れた
という感じですね。

サイト登録後にヒアリング面談がありますが、これが非常に重要
自分の希望を担当コンシェルジュに伝えると、条件に沿った求人をその場で持ってきてくれます。

僕の場合はSESや常駐派遣を避けたかったというのもあり、「Web系自社開発の企業に入りたい!」という点をひたすら伝えてました。笑

そうやってコンシェルジュが選定してきた案件表(紙)を1つ1つ確認し、実際に応募する企業を決める、という流れになります。

この時に「面談来て良かったな」と思ったのが、「経験◯年以上」案件に対する正しい判断について知る事ができた事です。

どういう事かというと、求人票の中には「Ruby経験◯年以上 必須!」みたいなものがあって、実務経験が無い人がこれを見たら真っ先に候補から外してしまいますよね。

でも実は、このような「経験◯年以上」案件でも未経験者が通過する可能性があるんです。

企業ごとに「未経験でも採用の可能性がある/無い」という判断は自分だけではできないので、面談の中でコンシェルジュから情報を得られたのは非常に良かったなと。

これが無かったら、今いる自社開発の企業には転職できていなかったでしょう。
求人票では「Ruby経験3年以上 必須」となっており、多分自分で判断したら候補から外していたので。

といった理由で、IT系では一番オススメできるエージェントです。
転職を考えている方は面談するだけでも価値があると思いますので、是非どうぞ。

リクルートエージェント

このエージェントで良かったのは、

  • 希望条件のヒアリング面談で自分の強みやアピールポイントを整理できた
  • 最大手なので案件のカバー率が高い(機会損失が少ない)
という点です。

特にヒアリング面談は結構丁寧で、「面接で相手企業がどういう部分を評価するか」という視点から有益なアドバイスをもらえた印象があります。

また、転職エージェント最大手ということもあるので、「他のサイトでは載ってないけどリクルートエージェントにはある」という求人も一定数あり。

このような理由から、2番目のオススメとして挙げさせて頂きました。

登録しておいて損は無いと思います。

DODA

良かった点は以下の通り。

  • レコメンドされる求人数が多く、案件の調査・研究に使える
  • サイト内コンテンツが充実している

DODAの特徴の一つとして、「メールなどによる求人のレコメンドが非常に多い」という点があります。

当時、僕はこのメールを結構チェックしていて、様々なWeb系企業の求人票から

  • 年収相場
  • 求められる技術スタック(言語/経験年数)

などを調査していました。

これで得た知識や相場観が実際の経歴書作成や面接で役立ったのと、単純に「この企業のプロダクト、Railsで開発されてるんだ!」みたいな発見があったりして楽しいのでオススメです。笑

また、会員登録後に使用できるサイト内のコンテンツ(Web履歴書/転職コラムなど)も他サイトより使いやすかったですね。

注意点としては、前述の通りレコメンドのメールが頻繁に来るので、「メールフォルダの振り分け・整理をしておいた方がいい」というあたりでしょうか。

とはいえそれを差し引いてもかなり活用ができたため、3番目のオススメとして挙げています。

まとめ

未経験からのエンジニア転職で「これは本当に価値があった」と言えるエージェントを紹介してきました。

どのエージェントを使うにしても意識したいのは、やはり「自分の転職の軸ははっきりさせておく」という事だと思います。

ここを明確にしておかないと、エージェント側の都合の良い求人ばかり紹介されてしまうので注意です。

上述したように、自分の場合はひたすら「Web系自社開発でなければ転職しない」という意思を面談で担当者に伝えていました。

きちんと条件を伝えておけば、エージェント側がそれに合致しない求人を持って来ることはそうそう無くなるので安心してくださいね。

自身のキャリアにとって不本意な転職とならないよう、上手に転職エージェントを活用していきましょう。